アートスクール

502『背骨はうたう ~動いて知るからだのおはなしと赤ちゃんの動き~』Osono/ダンサー・シンガーソングライター・ピラティス講師(2024.2.17)

 

 

「からだはどうしてこんなデザインなんだろう?」

解剖学に基づいたからだの機能的な運動は、赤ちゃんや動物たちの動きのなかにあると言われています。

からだの構造をシンプルに楽しく学び、赤ちゃんを観察して一緒に動いてみましょう。

○すこしピラティスの動き

○「からだのはなし紙芝居」

○どうぶつの動きの解説と実践

○赤ちゃんの動きの観察


講師プロフィール

Osono/ダンサー・シンガーソングライター・ピラティス講師
「身体は海、背骨はうたう」というテーマを軸に歌や踊り、ボディワークなど多岐にわたる活動をしている。
日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。ピラティス講師として都内スタジオで活動する傍ら、作詞作曲や歌と踊りのライブパフォーマンスを行う。「どうしてからだはこんなデザインなんだろう?」をテーマにした、からだのはなし「背骨はうたう」を劇場公演から講座という形で様々な施設で開催している。



日時 2月17日(土)10:00-11:30
対象 親子(0〜2歳)
定員 6組
参加費 300円
持ち物 動きやすい服装、水分補給の飲み物
申込期間 12月26日(火)9:30ー1月10日(水)17:00
結果通知 1月19日(金)までにお知らせします
予約申し込みは終了しました

その他の受付中のアートスクール



かぞくのアトリエ

>>詳しいアクセス方法はこちら

渋谷区こども・親子支援センター
かぞくのアトリエ

東京都渋谷区代々木2-32-5
TEL:03-6276-5521
FAX:03-5352-9890
開館時間:9:30-17:30
休館日:日・月・祝日・年末年始

フロアマップ

メールマガジン

プライバシーポリシー

お問い合わせ


ページトップへ戻る