アートスクール

409『乳幼児のための舞台美術「KUUKI」』アリツィア・ルブツァック/演出家、劇場教育学、キュレーター バーバラ・マレッカ/演劇学者・プロデューサー(2022.1.29)

 

最もちいさな観客のための舞台芸術作品。
クロマチックアコーディオンの生演奏とダンスが生み出す、
美しく、やさしく、甘美な時間。
その時、その場所だけの、特別な体験です。

ポーランドと日本で共同制作され、
2020年1月にもかぞくのアトリエで上演され好評いただいた作品。
今年も、ぜひお楽しみください。

演出=アリツィア・ルブツァック
美術=バーバラ・マレッカ
音楽=かとうかなこ
主催・制作:日本児童・青少年演劇劇団協同組合

*入れ替え制

*おやこきょうしつ0さいクラス、1さい◼︎▲クラスに参加中の方は、
1/28(金)におやこきょうしつのプログラムとしてで鑑賞会を行います。

*本講座は、基本的な感染防止対策を講じて開催する予定です。

尚、感染状況によっては、延期またはオンラインへの変更の可能性もございますのでご了承ください。


講師プロフィール

アリツィア・ルブツァック(演出家、劇場教育学、キュレーター)/バーバラ・マレッカ(演劇学者・プロデューサー)
アリツィア・ルブツァック Alicja Morawska-Rubczak
3歳までの子どもたちのための舞台芸術分野を専門とする、演出家、劇場教育学、キュレーター。ポーランドのみならず、ヨーロッパにおける専門家の一人。ポーランドのポツナンにある、Adam Mickiewicz University(UAM)にて子どものための近代芸術美学に焦点をあて研究を行っている。生後数ヶ月から3歳までの乳幼児の舞台芸術を多く創造し、2015年には、芸術、教育の分野において傑出した作品として、ゴールデンピン賞を受賞。

バーバラ・マレッカ Barbara Małecka
演劇学者・プロデューサー。2009年よりキュレーターとしてポツナン児童劇術センターと幼児のための国際フェスティバル“アート・シークス・ザ・トドゥラー”を開催、クリエイティブヨーロッパのスモールサイズ(乳幼児のための舞台芸術)プログラムとの連携や児童芸術ビエンナーレのプログラムを担当。ポーランドを中心に、ヨーロッパ各地の演劇フェスティバルとコラボレーションしている。子どもためのクリエイティブワークショップも行う。



日時 2022年1月29日(土)⓵10:00~11:00 ⓶13:00〜14:00(60分)※入れ替え制
対象 親子(0〜18ヶ月)
定員 8組
参加費 2,000円(親子1組)
持ち物 なし
申込期間 2021年12月1日(水)9:30〜2021年12月10日(金)17:00
結果通知 12月24日(金)までにお知らせします。

その他の受付中のアートスクール



かぞくのアトリエ

>>詳しいアクセス方法はこちら

渋谷区こども・親子支援センター
かぞくのアトリエ

東京都渋谷区代々木2-32-5
TEL:03-6276-5521
FAX:03-5352-9890
開館時間:9:30-17:30
休館日:日・月・祝日・年末年始

フロアマップ

メールマガジン

プライバシーポリシー

お問い合わせ


ページトップへ戻る