記事一覧

おやこきょうしつ

アートスクール

プレイルーム

スペシャルイベント

その他

今月のお知らせ

こども食堂

おしらせ

294『肩チュンbirdをつくろう! 』スズメ社鳥/株式会社 鳥 代表鳥締役 (2019.8.24)

 

スズメの剥製や映像をみながら、白いフィギュアに絵付けをする観察&工作!なワークショップです。おなかに磁石が入っているから、カーテンレールやキッチンの瓶のフタなど。お部屋のいろんなところにとまって可愛いですよ。そして缶バッチを服につければ、チュン!とくっつき、鳥を肩にとまらせる「肩チュン」が体験できます!サイズはお寿司のしゃりくらい。みつろうクレヨンやペンを使います。小さなお子さんでも大丈夫です。

 



 

293『夏だぁ!みんなでたのしい盆踊りぃ~! 』伊藤千枝子/ダンサー・振付家(2019.8.17)

今年も夏がやってきましたぁ!

夏といえば盆踊りぃ~!

なんと「かぞくのアトリエ」オリジナルの盆踊りをつくっちゃお~なワークショップ&盆踊りの会です。

残念ながら屋内開催なんですが、だからきっと涼しい盆踊りができますよ。

既存の盆踊りもちょっと踊って、そのあとみんなでかぞくのアトリエ音頭をつくって踊れたらいいなぁ。

曲はなんと私がつくります!

みんなで遊びにきてくださいねぇ~!

お待ちしてまぁす!

 



 

292『「海の不思議な落としもの」ゆらゆらモビール 』オダ ジュンコ/海辺の収集人(2019.8.3)

海から漂って流れ着く、ビーチプラスティックを使って、 ゆらゆらと揺れるシンプルなモビールをつくります。形や色をそのまま活かし、接着剤などは使わず、ワックスコードに通して繋げていきます。なぜプラスティックが海にたくさん集まるのか、不思議な落としものを通して 海からのメッセージを受け取っていただけるとうれしいです。

 



 

291『藍の生葉染め 叩いて、浸して、草の精をうつす』石田紀佳 /手仕事研究家 キュレーター(2019.7.27)

かぞくのアトリエで、育った藍の葉っぱで、叩き染めと浸し染めをします。

藍草を刈りとるところから、染めがはじまります。

叩き染めは、ミキサーのない時代にさかのぼって、植物の汁をじかにとんとんうつしてみましょう。

浸し染めは、刈り取った藍をミキサーにかけて、青汁ジュースをつくります。

いずれも火をつかわず、生の植物のエキスをうつす染めです。

草色が青にかわる瞬間はどんなでしょうか。

染め終わったあとの藍の茎をお持ち帰りになって挿し枝すると、ご自宅でもまた染めができます。



 

290『みんなの「むれ」をつくってみよう! 』ひろたあきら/芸人(2019.7.20)

よしもと所属の絵本芸人・ひろたあきらさんデビュー作『むれ』は、ひと味ちがった探し絵あそびが楽しい、新感覚の子ども参加型絵本。ワークショップでは、みんなが描いたひとつひとつの絵をつなげて、みんなでひとつの大きな「むれ」をつくります。当日は素敵なプレゼントももらえるかも?ふるってご参加ください!



 

ARCHIVES

おやこきょうしつ

アートスクール

プレイルーム

スペシャルイベント

その他

今月のお知らせ

こども食堂

TAGS

SEARCH

かぞくのアトリエ

 

渋谷区こども・親子支援センター かぞくのアトリエ 東京都渋谷区代々木2-32-5
開館時間:9:30-17:30
休館日:日・月・祝日・年末年始
ご利用にあたって
詳しいアクセス方法はこちら
フロアマップ

フロアマップ

メールマガジン

プライバシーポリシー

お問い合わせ


ページトップへ戻る