かぞくのアトリエ

2F

おやこきょうしつ

アートスクール

1F

おやこサロン

あけびの庭

B1

プレイルーム





渋谷区こども・親子支援センター
かぞくのアトリエ

東京都渋谷区代々木2-32-5
開館時間:9:30-17:30
休館日:日・月・祝日・年末年始
ご利用にあたって
詳しいアクセス方法はこちら
フロアマップ

<a href="http://kazoku-no-atelier.com/wp-content/uploads/2017/04/435026c2643123a2c98b0001d543ac71.jpg" target="_blank" rel="lightbox" ><img class="alignnone size-full wp-image-18085" src="http://kazoku-no-atelier.com/wp-content/uploads/2017/04/fe19a72aa34162ef92099c4625241dc8.jpg" alt="webカレンダー小-2" width="250" height="250" /></a>


フロアマップ

メールマガジン

プライバシーポリシー

お問い合わせ






渋谷区「かぞくのアトリエ」紹介ページ

こどもテーブル

アートスクール

203 乳幼児のための舞台芸術『KUUKI(空気)』アリツィア・ルブツァック/演出家・劇場教育学・キュレーター、 バーバラ・マレッカ/演劇学者・プロデューサー(2017.7.22)

image1sl

現在、世界では乳幼児のための舞台芸術「ベイビードラマ」が注目を集め、日本でも海外のアーティストを招いた作品創りが行われています。昨年は、かぞくのアトリエでも上演された「Baby Spacein JAPANが大きな話題となりました。

今年は、ポーランドから世界的なスペシャリストを招き、日本のアーティストと新しい作品創りを行っています。

さまざまなアーティストたちが持ち寄ったピースを組み合わせて作られた乳児とその家族のための舞台芸術。クロマチックアコーディオンの生演奏とともにぜひ五感で体験してください。

image2s

image3s

写真はイメージです。
Photos from :
BLISKO / CLOSE
NIEBOskłon / HORIZON

② 2

文化庁委託事業「平成29年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁,日本児童・青少年演劇劇団協同組合
制作:日本児童・青少年演劇劇団協同組合


講師プロフィール

23.03.2016 , Opole , Teatr Lalki i Aktora , pedagog Alicja Morawska-Rubczak , organizuje przedstawienia teatralne dla niemowlakow

Fot. Roman Rogalski
アリツィア・ルブツァック/演出家、劇場教育学、キュレーター/バーバラ・マレッカ/演劇学者・プロデューサー
アリツィア・ルブツァック Alicja Morawska-Rubczak
3歳までの子どもたちのための舞台芸術分野を専門とする、演出家、劇場教育学、キュレーター。ポーランドのみならず、ヨーロッパにおける専門家の一人。ポーランドのポツナンにある、Adam Mickiewicz University(UAM)にて子どものための近代芸術美学に焦点をあて研究を行っている。生後数ヶ月から3歳までの乳幼児の舞台芸術を多く創造し、2015年には、芸術、教育の分野において傑出した作品として、ゴールデンピン賞を受賞。

バーバラ・マレッカ Barbara Małecka
演劇学者・プロデューサー。2009年よりキュレーターとしてポツナン児童劇術センターと幼児のための国際フェスティバル“アート・シークス・ザ・トドゥラー”を開催、クリエイティブヨーロッパのスモールサイズ(乳幼児のための舞台芸術)プログラムとの連携や児童芸術ビエンナーレのプログラムを担当。ポーランドを中心に、ヨーロッパ各地の演劇フェスティバルとコラボレーションしている。子どもためのクリエイティブワークショップも行う。



日時2017年7月22日(土) ①10:00〜11:00  ②13:00〜14:00  入替制
対象0〜18ヶ月の子どもたち、身近にいる大人たち
*開催日7/22時点で18ヶ月以下のお子さんが対象です
定員各回12組
参加費1,500円(親子2人) 大人ひとり追加1,000円
持ち物なし
申込期間2017年4月25日(火)-5月15日(月)17:00
結果通知5月26日(金)までにメールでお知らせします

その他のアートスクール



ページトップへ戻る